とまれかうまれ、とく破りてむ!

行き場を失った物語の墓場

突発性東京旅行の序

 首都に吹き降ろす風は同時期の京都より幾分か冷たかった。あるいは人も冷たいのかもしれないと邪推をたくらむのは午後11時の高田馬場駅構内であった。しかし改札を出るや否や待ち受けていたのは恐るべき早大生の喧騒であった。過剰なアルコール摂取によって信号の色も見えなくなったのか赤信号をテクテク歩く人々、覚えてもいない夕食の思い出を口から思い出す人々、いよいよ動かなくなり死体として景観に馴染む人々。どうやら集合場所に指定された空間は地獄であったらしいことを俺は即座に飲み込んだ。

しばらく改札前の通行人の邪魔にならないところにひっそりと身を隠していると、8年前からの付き合いである友人がその類稀な嗅覚を以って彼の姿を見つけ出した。

「ここは地獄か」

「その通りだ。こんなところに長居していると殺される。少し逃げようか」

 

迎えに来た友人について行くと1分としない距離にあったエレベーターに飲み込まれ、吐き出されるとそこは居酒屋であった。賑わい豊かで暖かな光を灯す空間に導かれるようにして歩を進めるとそこには見知った顔が3つ並んでいた。

彼らは中高の部活の同窓であり極めて仲が良い連中である。あまりに仲がよろしいために東京で集まろうという会に当日になって京都から上京する阿呆が現れる次第となった。しかし、この阿保ぶりには流石の彼らも驚きと呆れを隠せないようであり、いざ俺がそこに姿を現わすとひとしきり笑い転げていた。だがその場で最も途方に暮れていたのは他ならぬ自分であったことに間違いない。

 

「何で俺はこんなところにいるんだ」

 

夜は降りて来たばかりである。

まぁまぁとりあえず、と麦色の液体をグラスに注がれるがまま飲み干すと今一度眼前に並ぶかつての同級生たちの顔がはっきりと見えた。

さて彼らとの話を書こう、と思い立ったところで『内輪的会話をどう改変しても、俺の昔話を知らない読者諸賢にとっては冗長で退屈なものになるのではなかろうか』ということに気が付いた。ここまでが面白くなければ猶更論外である。

そこでこの間、中卒無職の後輩に「先輩の昔の話が聞きたいなァ」と言われたことを思い出したので、昔話(を改変したもの)を書く前に俺の旧友たちのプロフィールを書き連ねてはどうだろうかという結論に至った。気が向いたときに書いていこうと思う。

 

例の2話も鋭意執筆中だよ。